横浜シーサイドトライアスロン

2016年9月25日(日)
メディカルからのお知らせ

メディカルからのお知らせMEDICAL INFORMATION

HOME / メディカルからのお知らせ / スポーツ版人間ドック(運動負荷試験など)及びスポーツドクターの紹介について

特に40歳以上の方必見!!
スポーツ版人間ドック(運動負荷試験など)及びスポーツドクターの紹介について

大会の参加にあたり、特に40歳以上で、かつ高血圧症・糖尿病・高脂血症・肥満BMI>25・喫煙歴のいずれかがある方は、スポーツ版人間ドック(運動負荷試験など)を受診し、体調管理をしていきましょう。

運動負荷試験によって、もし隠れた病気があればその診断が確かなものになります。
また、現在の体力を測定することは、これから運動を始める際に、無理なく効果的な運動を具体的にする事ができます。ぜひ大会前に受けていただきたく推奨します。

SPS(スポーツプログラムサービス)Sports program service

横浜市スポーツ医科学センターにて、スポーツ版人間ドック(個人にあわせたアドバイス)が受診できます。このSPSは、医学的検査と体力測定をセットで行い、一般の健康診断や人間ドックでは行われない運動負荷試験や各種体力測定を行うのが特徴です。
検査結果はすべてその日のうちにお渡しし、その結果に基づいて医師(スポーツドクター)・管理栄養士・スポーツ科学員が、運動・栄養・生活について適切なアドバイスを行います。

SPSを受診された方に対して、アフターケアも実施しています。

会場 横浜市スポーツ医科学センター
http://www.yspc.or.jp/ysmc/consultation/sps_top.html
申込方法 お電話又はご来館いただきお申込みください。
Tel :045-477-5050・5055
金額 横浜市内在住・在勤・在学の方 : 15,000円
その他の地域の方 : 17,000円
※18歳以下(高校生)、65歳以上の方及び障害者手帳をお持ちの方は半額。

なお、横浜市スポーツ医科学センター以外で、運動負荷試験を実施している病院を知りたい方は、スポーツドクターに問合せをお願いします。各都道府県のスポーツドクターの紹介は、日本体育協会ホームページより検索できます。また、健康上(持病有り等)で大会への出場に不安がある方は、スポーツドクターへ受診してご相談ください。

検索:日本体育協会スポーツドクター
http://www.japan-sports.or.jp/tabid/75/Default.aspx

※心臓疾患、その他持病がある方で、お近くにスポーツドクターがいない場合は、主治医(医療機関)とご相談ください。


お問い合わせ:
横浜シーサイドトライアスロン大会実行委員会
〒231-0015 横浜市中区尾上町 6-81 ニッセイ横浜尾上町ビル
電話:045-680-5538/FAX:045-641-2371
E-mail:info@sea.tri.yokohama